FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

狭窄症

こんにちは新田です^_^

狭窄症と診断された患者さんの話をしていきたいと思います。

Hさん 60歳

1ヶ月前から、右下肢への放散痛・痺れがあり、安静時でも、痛みがひかず夜も眠れない日々が続いている。

病院で、強い薬を処方され飲み続けていたが変化しない為、来院!

自立歩行も困難で、杖をついて、脚を引きずりながら歩行している…

主症状は、右臀部~右下肢への傷み、痺れ!腰事態はあまり傷みを感じ無いとの事。

レントゲンでは、腰椎4番、5番が狭い

SLR(神経の検査) 陽性

''治療1日目''

神経痛の症状が強く、動的な検査が難しい為、筋肉に的を絞って施術開始!

中殿筋、小臀筋にトリガーポイント(痛みの引きがねのポイント)が散在しており、触れるたび、放散痛がでる。

一時的に痛み増強したが、その後変化は見られなかった。

安静時姿位を作るべく、側臥位にて椎体間を拡げるよう姿勢をとらしても、あまり変化が見られない。
(炎症反応が強いのか?)

最後に
大腰筋にアプローチをする事で、右下肢への傷み軽減した。

これ以上は、患者さんの負担も大きいと判断し治療を終了した。

腰椎4番、5番間の伸展制限をさせたい為、テーピングと置き針をした。

''治療2日目''

3日後来院!前回よりもスムーズに歩行していた。

聞いてみると「次の日もあまり変化は見られなかったが、昨日の午後から痛みが引いてきました。」との事!

前回同様に筋肉にアプローチ。依然、痛み痺れあるが、前回程ではなかった。

激しい放散痛が減少していたので…腰椎4番、5番間に対して、椎間孔(神経の通り道)を拡げるようモビリゼーションを施した。

痛み、痺れ軽減した^_^

治療後、杖を使わずに歩行できるようになり、私自身も安心した。


まだまだ、治療の必要性はあるが、今後経過観察していくことにした。


人形町鍼灸整骨院 院長新田



絶賛発売中です^_^






スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。